タトゥー除去はクリニックで行おう|傷跡があまり残らない方法

早くきれいに消せる

レディー

治療方法

クリニックでタトゥー除去を行う方法として一番人気があるのが、レーザーを照射してタトゥーを徐々に薄くしていく方法です。数回レーザー照射を受けなくてはいけないため時間が多少かかりますが、きれいにタトゥー除去を消すことができ傷跡も残りません。しかし就職試験を受けるなど理由があってすぐにタトゥーを消したい場合には、タトゥー部分の皮膚を切除する方法が取られます。筋状の傷が残りますが、ケガをした時と同じような傷なので周囲の人にタトゥーを入れていたと気づかれることもなく、年数がたつと傷も薄くなってきます。その他にもクリニックでは皮膚表面を削ったり、体の他の部分から皮膚を移植することでタトゥー除去を行っています。

新しいレーザーはすごい

急いでタトゥー除去しなくても良い場合には、クリニックでレーザーによる治療を受けるのが一番良いでしょう。昔はカラフルなタトゥーはレーザー治療しにくいとされてきましたが、最近では赤や黄色などの色の入ったタトゥー除去が出来るようになっています。新しく開発されたレーザーによる治療で美容クリニックなどで受けることができます。従来のものよりも低い出力でもタトゥー除去できるので、施術時の痛みが少ないのが特徴です。しかも除去できる力が強いので、今までよりも少ない回数でタトゥーを消すことができるようになりました。またレーザーによるタトゥー除去の施術は3ヶ月程度間をあけなくてはいけませんでしたが、最新式のものは2ヶ月程度休止期間を設ければ施術が受けられるので早くタトゥーが消せるようになっています。早ければ6ヶ月程度で治療を終えることができます。